HOME > 事業・活動内容 > 平成19年度 > 「ストップ温暖化!をデザインする」の開催

「ストップ温暖化!をデザインする」の開催

「ストップ温暖化!をデザインする」の開催

アースディおおさか2008参加—知って得するエコカフェ
平成20年3月19日(水)
大阪市立総合生涯学習センター
主  催 なにわエコ会議 エコライフ部会

知って得するエコカフェ「ストップ温暖化!をデザインする」をテーマに アースディおおさか2008へ参加いたしました。

○基調提案 「ストップ温暖化!をデザインする」
坂田 裕輔氏(近畿大学経済学部総経済政策学科准教授)
○報  告
・エコマーケティング戦略“5本の樹”
佐々木正顕氏 (積水ハウス株式会社環境推進部企画グループチーフ課長)
・1万人の“なにわエコライフ”(大阪市環境家計簿)
岩川 恵理氏 (有限責任中間法人あだーじょ(adagio)理事兼事務局長)
○トーク
・「こうして広げるストップ温暖化!」
(トーク) 坂田 裕輔氏、佐々木正顕氏、岩川 理恵氏
(進行)  岡 靖敏氏(なにわエコ会議エコライフ部会長)
基調提案(坂田氏)                      報告(佐々木氏)
11

報告(岩川氏)                         トーク(岡氏)
11

環境と経済をキーワードに、「CO2を幾ら排出して、幾ら減らしたか」など ストップ温暖化の活動を“見える化”(可視化)にデザインして、 地域づくりにどう広げるのか、その方策と実践を考えていくことを目的としました。

基調講演や報告の中で、「楽しく、やりたくなる仕組み」や、 エコ・コミュニケーションには「情報の押し付け」ではなく「共感の醸成」が 大切であることなどが紹介されるとともに、大阪市環境家計簿の取り組みについて報告がありました。
そのあと、参加者も入ってのトークへと移りました。

>>平成19年度 事業・活動内容へ戻る

twitter
なにわエコ会議Twitter