HOME > 事業・活動内容 > 平成30年度 エコ会議の事業・活動内容

エコライフセミナー みんなで減らそう商品ロス

エコライフセミナー〜みんなで減らそう食品ロス〜を開催しました。
食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。
日本では1人1日あたりお茶碗1杯分(約134g)、日本全体で年間621万トンもの食品ロスが出ています。
大事な食べ物を捨てるなんて、もったいない!
どうすれば食品ロスを減らせるのでしょうか?

エコライフ部会長によるセミナーではまず、日本の食品ロスの現状(1人1日あたりお茶碗1杯分、日本全体で年間621万トンもの食品ロスが出てることなど)を知りました。
食は健康に、お財布に、環境にと全てにつながっています。
自分に合った内容と量の食事を、丁寧に楽しく食べることが、食品ロスにつながり、健康、お財布、環境にもプラスになることがわかりました。

後半は、和コーディネーター鈴木菜穂子氏とはちみつマイスター村上真弓氏のお話で始まりました。
無理せず、美味しく、楽しく、残さず、食べきる!ことが食品ロスを防ぎます。
実際に試食してみましょう!
カンパン、缶詰、ケーキミックスなど家庭に備蓄しているものを活用した調理例をご紹介いただきました。

まさに、美味しく楽しく食品ロスを減らすセミナーになりました。








>>ちらし

>>平成30年度 エコ会議の事業・活動内容に戻る

ホーム
なにわエコ会議とは
事業・活動内容
入会案内
情報誌
施設紹介
シンボルマークのいわれ
出前講座
LINEスタンプ