HOME > 事業・活動内容 > 平成28年度 エコ会議の事業・活動内容

エコライフセミナー 〜街のみどりをふやそう! 見学とワークショップ〜

ちらし(PDF)

3月27日、the Farm UNIVERSAL OSAKAにて「エコライフセミナー 〜街のみどりをふやそう! 見学とワークショップ〜」を開催しました。

熱帯夜が多い大阪、ヒートアイランド現象がその原因のひとつです。
街でも家庭でもみどりを増やして、少しでも夏を涼しくようということで、ベランダにも置ける寄せ植えのワークショップもありました。

the Farm UNIVERSAL OSAKA(ユニバーサル園芸)さんは、全ての人が楽しめる植物の楽園です。
入口では、かわいいツリーハウスがお出迎え。
広いスペースにはたくさんの植物が所狭しと並んでいて、ホームセンターではお目にかかれない珍しい植物も。
スタッフさんはみんな知識が豊富で、イメージや日当たり、手入れできる頻度などを相談すると、ぴったりな植物を教えてくれます。
緑に囲まれたカフェや子どもたちが遊べるスペースもあり、家族で一日中楽しめます。

グリーンアドバイザーの増居 俊生さんから、「みどりを増やす家庭園芸のコツ」について教えていただきました。
夏によく茂ってグリーンカーテンにできる植物、増やしやすい植物、植物を元気に保つためのお手入れのコツ…
植物も人間と同じで甘やかしすぎない方が良い、かわいそうだからと大きい鉢に植えると花が咲かないなど、ユーモアたっぷりにお話しいただき、参加者からの質問にもていねいに答えていただきました。

昼食のあとは、エコライフ部会長 井上 健雄よりセミナー「みどりを増やして、熱帯夜を減らそう!」
冊子「楽しくかしこくエコライフ」を使って、街中にみどりを増やす屋上菜園や、家庭で簡単にできる省エネを紹介しました。
ベランダや屋上など、空いているスペースを上手く活用すれば、街をみどりでいっぱいにできますし、食いだおれの街 大阪らしく野菜を植えれば、いつでもとれたて野菜を食べられます。

いよいよお待ちかねの寄せ植えワークショップ!
まずは増居さんから、植物の選び方や植え方のコツを教わりました。
メインとなる植物をひとつ真ん中に置き、だんだん背が低くなるようにするとまとまりやすいそう。
上に伸びるもの、横に広がるものなど、将来の姿もイメージしながら配置を決めます。
植物を並べて、隙間にしっかり土を入れて…みるみるうちに素敵な寄せ植えが出来上がりました。

たくさんの植物の中から、寄せ植えの材料を選びます。
どれも素敵で、目移りしそう!
おしゃれな植木鉢もたくさんあって、イメージがふくらみます。
お花いっぱいで華やかに、日本の草花でしっとりと、奥さんが好きな植物を…それぞれのこだわりが光ります。

植物を選んだら、トレーの上で配置を決めて、植木鉢に植え付けます。
根っこが伸びやすいように、ちょっと崩したり端を切ってから植えると良いそうです。
思ったよりギュウギュウ押し込んでも大丈夫。
土の隙間ができないように、串で押し込みながらしっかり土を入れていきます。
子どもさんも真剣な表情。


個性豊かな寄せ植えができました!
力作を手に、みんな笑顔。
これをきっかけに、お家でもみどりを増やしてくださいね。

>>平成28年度 エコ会議の事業・活動内容に戻る

ホーム
なにわエコ会議とは
事業・活動内容
入会案内
情報誌
施設紹介
シンボルマークのいわれ
出前講座